Skip to content

携帯時代の海外トラベルに思う仕打ち

私は3ヶ月に1回の頻度で台湾に行くのですが、台湾で旅行していて最近の第三国航海の手軽さをはからずも覚えることが増えました。最近の航海下ごしらえは、航空機に乗って出向くほんのり遠めの津々浦々航海といったそれほど貫くような気がします。
過去であれば第三国航海へ行くといえば、出発前に航海公式を買ってレーベルといった貼り、出番がくる傾向は少ないが現場での買い方がわからない代物タイプを日本で買い、入念に日にちを立てて、現場ではマップを睨みながら名勝を訪ねる。私立航海ばかりの私の場合は、こういった感じで下ごしらえの出来不出来が第三国航海の充実度に直結していました。
但し最近の私は違う。重要なのは、「私のSIMフリースマホがその国々で払える機種か?」、「その国々でのSIM獲得の容易さといった買い方、現場寝泊り中にどのサイトプランを選ぶか?」また「取り付け方法は?」というサイトによることばかりだ。ここで日本にいる時と同等のハイウェイで安定した伝言を得ることができれば、「はじめて訪ねる国内の名勝」身の回りにバリヤが下がるのです。
あとは出発前にピックアップしておいた航海サマリーのウェブを呼び出して確認したり、マップに行き先を設定して駆け抜け出します。列車や湯船も現地の時間矢面確認アプリケーションを使えば、現況で目的の湯船がどこにいるかを知ることができます。詰まり出発前にするのは、航海の概観を決める事だけです。詳細は現場で詰めれば良いのです。
現地の字が話せなくてもセキュリティー、ラインのアプリケーションなどを介して共に対象の字をてんで話すこと無くショッピングや用命を終わらす事ができてしまいます。ホント便利な世の中になったものです。
一環心残りのは、困ったときのクライアントとのコンタクトの機会が減ってしまったことでしょうか。それに気づいた私は、失くしつつあるトリップの武器を奪い返すべく、次回の航海ではスマホをアパートに置いて出掛けようかというとも考えています。

Published inUncategorized

Comments are closed.