Skip to content

恐縮しつつ台湾の手法の好意に甘えている

台湾に行き、ぼくが日本から来たって分かると、ほぼの奴が「日本は街がきれいですね」とか「全員親身ですね」と言います。そう言われるのは日本に住むヒューマンにとっては嬉しい事なのですが、一方で違和感を感じてしまう。
たとえばぼくは台湾で地下鉄や風呂に跨る機会が多くあります。そうして物珍しげに景観を見ていると、ティーンエージャー・爺さんの区別なくぼくに座席を勧めてくれたり、景観が思い切り感じる事を譲ってくれたりします。ここでぼくは40代のどこにでも掛かるような普通の親父だ(笑)。人気のレストランで長い列に並んでいるシーン、ぼくがツーリストであると気づくと、店員がニコニコと手招きして先に通してくれます。それも同士は不愉快顔付き一環していません。こうした過去は日本では全くないので、小気味よいビックリとともに喜ばしいやら照れくさいやらで、恐縮しつつ台湾の手法の好意に甘えている。
地下鉄や風呂、エレベーターやお仕事場の出入りで見抜くのですが、必ずや出ようとする奴がいなくなってから顧客が入り(乗り込み)ます。当たり前の行為ですが、私のいる街では地下鉄の乗り降りでは、玄関が開くと一気に終える奴は降り損ねないように必死に人だかりをかき分けます。一方で乗りこむ奴は我先に空いた座席に座ろうと競い合います。台湾の地下鉄のように人混み時でもプライオリティー座席が空いているなんてことは余分目にしません。
私の眼にはツーリストに親切で、他人に普通気遣いができるのは台湾奴であり、他人を押しのけて自分勝手にふるまうのは邦人のように思えます。これは至極無念ことです。帰省してエアポートで風呂に乗りこむというドライバー様が「きっかけ四方で立ち止まらないで下さい」との橋渡し。但し邦人のツーリストは下車しやすいきっかけ四方に陣取っている。「あー、日本に帰ってきたんだな」って実感する時期だ。有料アダルトサイトの比較サイト

Published inUncategorized

Comments are closed.