Skip to content

ラジオ世論がジワジワと盛り上がっていらっしゃる

僕は昔からラジオが好きで、休日や就寝前に聴いています。
ウェブの浸透によりテレビジョン別れが加速する内輪、ラジオをウェブ回線によって送達する「radiko」というもてなしが出来上がり、新規視聴者を開拓しています。
ラジオといえばAM番組とFM番組がありますよね。
自分がどちらの番組を観戦内輪なのかは知っていても、こういう2つの違いはきちんと意識していないと思います。
AMといったFMの大きな違いは、電波にあります。
AMの電波は寸法ヘルツ(kHz)で、たとえば教養番組なら1134kHzだ。
FMの電波はメガヘルツ(MHz)で、たとえばTOKYO FMなら80.0MHzだ。
寸法とメガの周波数の違いにより、様々な違いが生じます。
AMは周波数が酷いので遠くまで行きつく傾向があり、全国でDLすることができます。
その反面、電波干渉が起き易く、音質はFMに劣ります。
FMは周波数が高いので、電波の近づく域は限られます。
そのため、領域に特化したラジオチャンネルが多いのです。
FMは電波干渉による音質悪化が少ないので、高音質なラジオを楽しむことができます。
とも一長一短で、AMとFMのどちらが勝っているは一概には言えません。
そんなAMといったFMの売りを併せ持つのが、ウェブ送達ラジオradikoなのです。

Published inUncategorized

Comments are closed.