Skip to content

いわゆるデブシルエットになってしまった

ぼくは今どき、衣装選びに耐える。厚着ができる冬はいいが、薄着にならざるを得ない夏場は殊に考え込む。何を考え込むかといえば、ポッコリと出てきたお腹をどんなに目立たせないようにするか、についてです。
年齢を重ねるごとにシルエットが崩れてくるのが方というやり方。私も40年齢を飛び越え、いわゆるデブシルエットになってしまったのである。
あんなぼくに、この間、見込みが差し込んです。親せきから譲り受け、和服に出会ったのである。
帯でへそ成功を締めるので、衣類のようにベルトの上にお腹が股がるという状況になりづらい。身なりもどうもラク。衣類だと、アップダウンや靴との配分も考えなければならないが、和服だとその必要はない。逆に、ちょっと手を抜いてもスタイリッシュという用意になることもある。
ぼくが30台だったら、「オッサン臭い」という意識を持ってしまい、和服を着ることに異議があったというが、デブ化が40年齢過ぎであったので、センスの上もスムーズに和服にチェンジできた。
ただ、和服は良い。なのでぼくは古着屋や競売においてある。今は7〜8着を着まわしておるような状況である。また、最近は和洋折衷という図式もある。たとえば、じゅばんの代わりにセーターを着たりといった加減です。
ゆったりとしているので着心地も良い。和服がよりの自分に愛用されれば良いなと思っている。ラインID掲示板でQRコード交換しよう

Published inUncategorized

Comments are closed.