Skip to content

今夏の気象はどうなるのであろうか

ウェザー予想の3か月予想を見ました。今年は猛暑になると前から言われていますが、こういう予想を見てどんどん猛暑の直感が強くなりました。予想によれば、恐ろしい暑さが長く続き、9毎月も残暑が厳しくなるかもしれないらしいです。
このごろ、ふさわしい夏場がないような気がします。東日本では、2010時世から2014時世にわたって温度が例年から高かっただ。2015時世は、階級温度こそ例年一般でしたが、極端にアンバランスな夏場でした。関東では、8毎月上旬は猛暑お日様が続きましたが、8月下流行はかなりの低温が続きました。西日本では、2014時世、2015時世って2時世連続で冷夏になりました。
西日本では最近豪雨がしょっちゅう降っていますが、関東では土砂降りがたたきつけることはあるものの、雨量が短く、ダムでは水不足になっています。もし、関東のダムの位で徐々にまとまった土砂降りが降らず、さらに深刻な水不足になってしまったら、関東はいったいどうなってしまうのでしょうか。関東、最もダムの位も豪雨が降ってほしいものです。この場合、土砂降りはベネフィットの土砂降りのように思えます。3か月予想で、雨量は関東では例年並みの予想だそうです。
個人的には、空梅雨で水不足になったり、著しい台風で大きな損傷が出たり、アメリカが凶作になったりして困ったことがなければ、猛暑であれ、冷夏であれ、例年並みの温度の夏場であれ、日和状態には注意があります。興味のある方はどうぞ

Published inUncategorized

Comments are closed.